父の命日に墓参りに行けなかったので、今日、行ってきました。
思えば亡くなった翌月(10月)から、正社員の毎月採用を始めて2年が経ちます。
明日から3年目の始まりです。

1月1日:一年の計は元旦にあり
3月1日:前期の始まり
9月1日:後期の始まり
10月1日:毎月採用(教育後の稼働)の始まり
いずれ新卒の採用を始めると、4月1日も区切りの日になりますね。

社内SNSに資格を取得した社員からのご報告が2名ありました。
1人はJP1関係で、もう1人はCCNAです。
おめでとう御座います!
CCNA取得者も、そろそろ60名になります。

 

 

IT業界の経営者や営業担当の方とお会いして話が弾むと、鬱病に関することがよく話題に出てきます。
打ち解けないと言い出せない話題だと思いますが、どちらの企業様も悩んでらっしゃるようです。
特に開発系の社員の方に多いと聞きますが、果たしてそうでしょうか。
マスコミから伝わってくる情報では、色んな分野で、年齢も関係なく、要職に就いている人でもなりますよね。
昔は鬱病という言葉を聞いたことがありませんでしたが、躁鬱病というのは聞いた覚えがあります。
私は経験したことがありませんが、一度だけ、こんなことがありました。

20歳の頃は高卒で既に働いていましたが、マイカー通勤で、会社まであと数百メートルというところで気持ちが悪くなり、吐気がしてくるのです。
Uターンして自宅に着くと治ってしまうのですが、3日目には流石に「これではまずい」と思って病院へ行きました。
内科でしたが、レントゲンや心電図や血液や聴診器など、親身に色々と調べてくれましたが、どこも悪いところが見つかりませんでした。
(28年も前ですし^^;)
「自律神経失調症かもしれませんが、身体は丈夫ですよ」と言われました。
そして、次の日から前と同じように出社して、仕事をすることが出来ました。

まず、「どこも悪いところが無い」と言われて、自分の健康に自信が持てました。
次に、ここ最近の環境の変化を考えたら、人間関係で悩んでいることに気がつきました。
そして、対処方法を考えて実行しました。

もしあのとき「鬱病です」と言われていたら、果たして立ち直れていたでしょうか。
まぁ、鬱病になるようなタイプではない(笑)と思いますが、それでも、今では「毎日が大安(笑)」と思い込んでいますが、20歳の頃の私なら、どうなっていたか分かりません。
前向きに考えたところをみると、鬱病ではなかったのでしょうが、近いものがあるのかなと思います。

対処方法はその環境や個性によっても様々かと思います。
もし、社員の方で自分は「鬱かな?」と思う人がいたら、病院へ行く前に会社に来て、相談して欲しいというのが正直な気持ちです。
何が出来るか分かりませんが、みんな親身にお話を聞き、一緒に対処方法を考えてくれると思います。
薬を飲む前に環境等を改善出来るならば、その方が良いと思うのです。
懇親会前の勉強会でも鬱病に関することを取上げて頂けるようで、大変嬉しいことです。

あっ、そうそう、インドアよりアウトドアを心掛けた方が良いんじゃないかなと、私的には思います。
色んな人と接して免疫力(笑)をつけたり、紫外線は気になるけど休日には日を浴びたり、森林浴をしたり、社内SNSではディズニーへ行く計画があるようですが、そういうのも良いと思いますねぇ。

 

 

携帯電話を自宅に忘れてしまいました。

2年前にも忘れたことがありましたが、会社で気がついて、直ぐ帰りました。

新特急で片道約2時間でしたが、携帯がないと仕事にならなかったからです。

当時は小さい25坪の事務所で、社内には私一人しかおらず、外出も多かったので、パートナー会社様も社員達も、私の携帯に掛けてくるのが普通だったのです。

もっとも相手も携帯ですから、通信費からも必然的に携帯だったのでしょうね。

今は営業担当達がいるので、私の代わりに携帯で社員と応対することが多く、私の携帯はプログ用のカメラ機能と、毎日欠かさずカミさんに送信する、帰るメール(笑)用になっています。


でもやはり携帯がないと、なんか落ち着きませんね。

何かあった時の連絡用という意味合いもありますから、使わなくても必要なのが携帯なんでしょうね。

帰宅して確認したところ、今日一日の電話の着信はゼロ(笑)でした。

という訳で、携帯不携帯の一日でした。

あっ! 社員の皆さんは必ず携帯しましょうね。

会社からのメールも携帯に転送して頂けると助かります。

顧客への請求処理や給料計算など、緊急に確認しなければならないことや業務連絡が、結構多いのです。

 

 

三連休の初日ですね。

昨日の懇親会の時も、社員一名の定期ヒヤリングがありました。
業務上の個人的な問題や悩みごとは「特に無いです」という社員も多いです。

長く続けたい現場であれば、テクニカルなスキルアップ以外にチームリーダという道もある訳で、それはそれで良い経験になり、ヒューマンスキルとして重要でもあります。
高スキル志向型、リーダ志向型、高スキル+リーダ志向型、営業+高スキル+リーダ志向型と、色んなタイプの社員がいて良いと思いますし、そうした希望も適えていけたら素晴らしいと思います。

懇親会のケータリングはピザでしたが、残念ながら人気はイマイチでした。
私は短時間にガッツリ食べれたのが良かったんですがね(笑)。
もし次回頼むとしたら、少な目に、いつものケータリングに追加する形かな。

 

 

勉強会と懇親会がセットになって、今日は二回目でした。
プロジェクタは購入したものの、スクリーンはまだ検討中です。
二回の勉強会では壁を使いましたが、次回は254cm×196cm位のスクリーンになる予定です。
そうすると自由に位置を決められるので、かなり見易くなると思います。



【勉強会の風景】

懇親会のケータリングは、ピザハットにお願いしてみました。

 

 

朝から小雨でした。

午前中は法務局に寄って、新しくお取引が始まる大手SIer様に提出する書類を入手してから出社しました。
昨日は、わざわざお越し頂き、有難う御座いました。

午後は新しくお取引が始まる大手SIer様のご来社がありました。
私はお会い出来ませんでしたが、今後とも、宜しくお願い致します。
明日の午前中も法務局経由となりました(笑)。

夕方は社員の非定期ヒヤリングがありました。
現業務を通じての問題点等がお話しの中心となります。
私は同じ時間帯に定期ヒヤリングの予定が入っていた社員と面談したので、後から報告を受けましたが、問題点というより今後についての打合せ的なお話しだったようですね。
定期ヒヤリングの方は、ちょうど今月末に現業務が終了するので、既にお引き合いを頂いている5案件他を一緒に検討したり、将来のお互いの期待などもお話ししました。

 

 

入社後一年を経過した社員の定期ヒヤリングですが、進み過ぎていたので中断していましたが、今日から再開しました。
現業務のこと、今後の方向性などについて話し合います。
今日のヒヤリングは苦労をかけてきた社員でした。
前向きな姿勢が素晴らしかったです。
頼もしい限りで、嬉しかったですね。
その調子でスキルアップして欲しいし、バックアップしていきたいと思います。

 

 

10年ほど前でしょうか、ノートパソコンから出力できるプロジェクターが欲しくて調べたら、エプソン製が40万円もするので、もう少し待つことにしました。
少しどころか大変待ちました(笑)が、10万円で買えるようになったので、本日購入しました。
今後は新人研修や勉強会で活躍してくれるでしょう。

勉強会ですが、マインドマップソフト(MindManager)で作った資料を基に、

1.当社の組織編成方針
2.必要不可欠な6つの仕事
3.それを基にした組織図
4.今後の内勤者の増員
などをお話ししました。

 

来週21日の懇親会前の勉強会は、専務が講師を担当し、私も専務の影響で使い始めたマインドマップについてのお話しとなります。

懇親会では久し振りの社員も多く、大変嬉しかったです。

ちょくちょく参加して欲しいなぁ(笑)。
1 / 212