私は「験を担ぐ」ということは、あまりないかと思います。
験(げん)とは縁起のことらしいですが、そもそも毎日が大安(笑)なので・・・。
ただ、一度だけ意識したことがありました。
最初のアナログ携帯電話を使い始めたときのことです。
番号の下5桁が70832だったのです。
番号を覚えるため言葉に置き換えたら「なれ破産に」と読めてしまった(笑)。
最初は面白がってましたが、社長という立場でそれじゃあ駄目だと気付きました。
自分が良くても相手(顧客)が気にするとマズイと思ったのです。
早速、ドコモ様に行って「商売やっててこの番号はマズイです」とお願いし、なんとか変えて頂きました。
お陰様で、それ以来使っている番号は覚え易く、大変気に入っております。

そういえば、達磨とか神棚とか初詣だとか、文化的?な面での縁起は、私も人並みに担いでますね(笑)。

午後はコーチングの先生と長時間打合せを行いました。
当社独自のものを創っていきたいと思います。
明日から第8期目が始まります。
経営理念や経営方針、経営計画などを社内に浸透させていかなければなりませんが、いきなり堅苦しいお話しをするのもどうかということで、社員集合ワークショップ(仮名)では、社是とビジョンあたりのお話を交えることになるかも知れません。

夕方は大手SIer様のご来社がありました。
こちらの都合で夕方にお越し頂き、有り難うございました。

今月のアクセス数は6,891件でした。
ブログって凄いですね。
色んな方が読んでるかもと思うと、身が引き締ま・・・りませんね最近(笑)。
それはそれで拙いかもしれない。

 

 

私がソフト会社の正社員だった頃、自分の給料がどうやって決まるのか分かりませんでした。

良くいわれたのが「仕事が報酬」、確かにそういう一面があると思います。
金銭的な報酬は後からついてくるでしょう(良い会社なら)。
しかし、一度でも査定に疑問を持つと、いつまでも引きずってしまうし、若い人には一万二万だって切実に感じているはずです。
仕事やスキルアップに打ち込む上でも、まずは査定方法を明らかにして、金銭的な面とリンクしたキャリアプランについても、一緒に考えていく姿勢が大切だと考えています。
携帯電話でニュースを読んでて知りましたが、三遊亭圓楽さんが引退されるようですね。
私が20代前半で三洋電機の社員だった頃、確か組合かなんかの集まりで、圓楽さんの講演を聞いたことがありました。
戦後の厳しい時代を乗り切ってきたお話しだったと思います。
大変とは思いますが、リハビリを頑張って、テレビにも復帰して頂たいものです。
笑点という番組も長いですね。
1966年5月に始まって、司会者はもう5代目なんですね。
ちょうど「青春とはなんだ」をやってた頃だ(笑)。
[これが青春だ・竜雷太氏]、[でっかい青春・竜雷太氏]、[進め!青春・浜畑賢吉氏]、[炎の青春・東山敬司氏]、[おれは男だ!・森田健作氏]ここまでくると私も12歳なので、毎週楽しみにしていたのを覚えています。

当社はまだ一代目。
22歳でIT業界へ。
32歳で一度目の起業。
42歳で二度目の起業。
いずれは上場したいですが、その時に何人の社員が役員になっているか、私も楽しみにしています。

 

 

午前中はメール対応だけで終わってしまいました。

午後は損保会社様と打合せをしました。

昨日書き忘れましたが、夜に社員との定期ヒヤリングがお一人あり、今日も懇親会前にお一人ありました。
次は昨年4月にCCNA研修を受けた6名の番ですので、メーリングリストでもご案内します。

懇親会前に同時に事前連絡を頂いてた社員との非定期ヒヤリングもありました。
懇親会中はなるべく席を外したくないので、応接室を使ってヒヤリングするのは、懇親会以外の日時にしています。
もしお話がありましたらば、気軽にメール下さい>社員の皆さん。

今日はかなり久しぶりに参加してくれた社員もいて、嬉しかったです。
ほんとに久しぶりだったなぁ。

久しぶりといえば、昨年末に退職した元社員が電話をくれました。
一人暮らしを初めて、実家に連絡を寄こさない息子が、久々に連絡をくれたような気分でした。
仕事を決めかねてるなら、本気でまた帰ってこないかなぁ(笑)。
幹部達も大歓迎と言ってるよ>○○君

懇親会で笑い声が絶えないのは良いものです。
早く新しい懇親会スペースが欲しいですね〜。

 

 

17年ほど前に会社のパンフレットを作ったとき、挨拶文として「マルチメディア」という言葉を使いました。
今では死後のようになってますよね。
当時のお話ですが「将来的に人々が情報発信可能な端末を携帯して、外出中に何処からでも情報を送受信できるようになるんだ」と、夢のような時代(当時は)の到来に向けて、自社としての取り組み方を書きました。
まだ携帯電話は勿論、ポケベルも普及していなかった時代なので、その端末は電子手帳のような形で、小さいノートPCのようなものになるのかな? と漠然と想像するだけでした。
白黒のノートPCがカラー液晶に変わり始めた頃のお話です。
その後、ポケベル→アナログ携帯電話→デジタル携帯電話→iモードと、新しいものが出る度に買い換えてきましたが、携帯電話は片手でメールできるので、便利といえばすごく便利ですよね。
私もいつの間にか抵抗なく、親指でメールを出せるようになりました。

ただ、携帯電話よりもう少し大き目のディスプレイが欲しいと思う。
シャープ様のザウルスにLinux版が出たとき、これがもう少し大きくて、携帯電話にもなれば良いなぁと思いました。
PCの汎用性と、携帯電話の通信・通話の利便性が一体化して、大き過ぎず小さ過ぎない、そんな端末になれば良いなぁと思いました。
ご存知の通り、結局は携帯電話がどんどん進化してきました。
同じくシャープ様のW-ZERO3も、大きさとしては丁度良いと思いますし、6月頃に出るらしい東芝様のG900も期待しています。

例えば、イヤホンマイクで電話しながらメールを読んだり、スケジュールを入力したり、Excel、Word、メモ帳に入力したりと、通話しながら作業が出来るようになると便利ですよね。

今日は女性2名の入社面談がありました。
お一人目の方は、3月16日からとなりました。
このところ女性の採用が多くなっていますが、いつの間にか10名になりました。
お二人目の方はご本人からのお返事待ちとなっています。
是非、良いお返事をお待ちしております。

 

 

メールを送信する前に必ずチェックしていますが、それでもたまにミスがあります。
そんな時に、20代の頃、顧客の係長さんから言われた注意を思い出します。
なんのチェックをした後だったか覚えていませんが、

「人には必ず間違いはある。だからチェックの仕事はミスを見付けるのが仕事であって、ミスが見付からなければ仕事をしてないのと同じだ」と。

目から鱗というか「なるほどなぁ」と思いました。

ワープロで自動変換できるようになって、かなり便利になりましたが、逆に手帳に手書きしようとすると漢字が思い浮かばず、思い出そうと努力する前にカタカナで書いてしまうことがあります。
本当は思い出して書いた方が良いんでしょうね。

今日、入社面談に起こし頂き、3月に入社される方は、作家を目差していただけに文章力のある方です。
そういえば他にも何人か社員の中に作家志望だった方がおります。
バンドを組んで音楽で食べていこうとしていた人も多いですね。
私は中学1年から7年間、トロンボーンをやってました。
ブラスバンドで吹奏楽、ジャズ、ビッグバンドだったのでジャンルは違いますが、音楽をやってたと聞くと興味をそそられてしまいます。
「色んな特技や趣味を持っている人が集まっているんだ」と思うと、それだけで楽しいもんです。

漢字をしっかり覚えている人や、字が上手い人は尊敬してしまいます。
自分に無い能力を持っている人を過大評価してしまうのは、人事考課上はいけない事だと分かっていても、特技は特技と評価すべきだと思うし、足りないところを補い合うのも組織として大事ですよね。
特に、私にあるのは夢だけなので、みんなに補ってもらわないと会社が成り立たない(笑)。

 

 

午前中は印刷会社さんと打合せをしました。
裁断の技術の進歩に改めて驚きました。
重ねた200枚の紙を部分的に斜めに裁断するだけでなく、Rをつけて裁断出来るんです。
勿論、平面的なお話しではなく、立体的にです。って分かり辛いか(笑)。
メモ帳のお話しです。

午後はSIer様のご来社が一件ありました。
歴史の長いSIer様で、是非、良いお付合いが出来ればと思います。

入社面談がお一人ありました。
当社では珍しく第二新卒の方で、3時間も掛けて会いに来てくれました。
しっかりした方なので、じっくりお考え頂き、是非ご入社して頂きたいです。
そういえば、採用人数に関して先日はご応募月で、1月10名、2月4名(現時点)とお伝えしましたが、入社月では下記のようになります。
2月6名(現時点)
3月6名(現時点)
4月2名(現時点)
ですので、枠はまだたっぷりございます(笑)。

夕方は社員とのヒヤリングがお一人ありました。
昨年3月に入社した5名のヒヤリングがあと2名となりました。
その次は4月に研修を受けた6名の番となりますので、近々ご案内いたします。
また、既にヒヤリングの終わっている方も、話し忘れたことなどありましたら、随時ご連絡下さい。

 

 

1月中にご応募頂いた方の入社面談が全て終了し、採用人数が確定しました。
これから入社する方も含めて10名となりました。

3月から毎月5名の目標を10名に変更しますが、直ぐには軌道に乗らないだろうと前倒しで掲げたところ、1月は幸運にも良い方々に恵まれ、目標を達成することが出来ました。

皆さん有難う御座います。
宜しくお願い致します。

ご応募数は22名でしたが、競争率が2.2倍という訳ではありません。
ご応募頂いた後で、先に他社決定で面談ご辞退というケースも多く、企業間の競争が激しくなっていることを実感しています。

基本的に価値観の合う方は、全ての方に入社して頂きたいというスタンスで臨んでいます。
そのため、ご面談後に双方縁が無かったということであれば、諦めもつきますし、もしご辞退であれば、今後の参考のために、理由をお聞かせ頂けると大変助かりますが、お会いする前にご辞退というケースは、いつも残念に思います。

同じ業界ですので、他社で合格であれば、当社でも合格である可能性が高いからです。

どちらの会社が良いか、せめてお会いしてから決めて欲しい(笑)。

その上で、他社の方が良いと思える点があれば、そこをご遠慮なく突っ込んで聞いて欲しいと思っています。

2月は今のところ4名の方が採用確定となっております。
入社時期は皆さん様々ですし、3月は社外のラボでのCCNA研修とともに、社内でもCCNA研修を行いますので、実際の採用枠は充分ございます(笑)。

また、4月からはラボとの契約内容を「研修」から「最新の教材提供」に切り換えて、先輩社員2名(3月からマネージャ)がビジネスマナー、IT業界知識、CCNA研修、セキュリティ研修などを担当することになります。

今日の経営会議では、そのためのオフィスデザインも含めて再検討しました。
PCは15台前後増やしますが、基本的にはWindowsXPとし、VISTAも用意しておくことにしました。

話は戻りますが前にも書きました通り、会社が大きくなるに従って、管理部門(内勤)の社員も増やしていく必要があります。
今回はIT業界経験者として入社した2名が、マネージャとして内勤になります。
出来れば経験2年以上の社員から、本人の希望も確認しつつ、内勤に抜擢していきたいと思いますが、もしかするとキャラクター重視(笑)で、経験が浅くとも声を掛けていくかもしれません。

 

 

午前中はen-japanさんが来社され、打合せをしました。
当社がまだ小さな事務所で、私の夢だけが先行してた頃からのお付き合いです。

午後は入社面談がありました。
26日からの出社となります。
皆さん良いところがあって採用させて頂く訳ですが、ストレートに覇気・心意気というものを伝えてくれる方は、検討する前に「合格」の文字しかありません(笑)。
有難うございます。
宜しくお願いいたします。

オフィスデザインの業者さんと打合せをしました。
流石にプロです。
私が言い出す前に事業部長が「FORT構想」について説明してくれました。
殆どご提案通りで良いと思いますが、懇親会&研修スペースはもう一ひねりいきたいです。
次回の打合せが楽しみです。

懇親会は人数は少なめ(20名居ただろうか)でちょっと寂しかったですが、その分みんなと言葉を交わせて良かったと思います。

明日は休日出勤で経営会議があります。
来月からはマネージャ2名が現場から戻ってくるので、平日にも会議ができるようになります。